ブログトップ

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2010.9.17坂総合病院 感染制御室の紹介
 感染制御室は、その名の通り病院における感染制御に関する業務を担当している部署です。
 病院の感染対策委員会の下、感染制御医師(感染症医)、細菌検査技師、薬剤師、専従の感染管理認定看護師がチームとなり、業務を行っています。

 感染制御の主な目的は、患者さん、職員、病院来訪者のすべての人を対象に、感染症の発生を早期に発見し、感染症を拡大させないことと、耐性菌を生み出さないように抗菌薬の不適切使用をなくすことです。そのために、毎週ICT(Infection Control Team)によるラウンドとミーティングを行っています。
 ラウンドでは、耐性菌検出患者さんの症状や医療内容確認と感染予防策の確認、職員の健康状態確認を行い、ミーティングでは、新規に耐性菌が検出された患者さんや血液培養陽性となった患者さん、長期に抗菌薬が投与されている患者さんの症例検討を行っています。
 ラウンドとミーティングの結果は、感染制御医から主治医へ、感染管理認定看護師から師長へとフィードバックしています。

 このような活動の成果は、全入院患者に占めるMRSA(多剤耐性ブドウ球菌)感染症の発生率を0.7%から0.2%まで減少させ、インフルエンザやノロウイルスによる感染症の入院があっても、病院内に広がらない安全な環境を作り上げています。

                                    感染管理認定看護師 残間由美子
[PR]
by ikiikihiroba | 2010-09-17 10:32
  

このペー

ジのトップへ