ブログトップ

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2013.3.25. 坂総合病院の各病棟紹介
坂総合病院は、仙台駅からJR線(仙石線)で25分「下馬駅」で下車して徒歩1分の場所にあります001.gif

地上10階建ての総合病院で、地域の中核を担っています。
各病棟の紹介をします
018.gif

ICU(集中治療室) 
手術後・急変等で24時間集中的な治療や看護を必要とする患者さんが入院しています。人工呼吸器を装着していたり、沢山の点滴を行っている患者さんが多い為、常に緊張感を伴いますが、スタッフ皆で力を合わせながら明るく元気に働いています。
a0162809_1337214.jpg


手術室
年間の手術件数は、約1500件です。手術ルームは6部屋あります。固定チームナーシング制で、3チームで年間計画を立て、手術室業務を安全・安心の視点と、少しでも緊張を少なくして手術を受けて頂けるよう日夜検討しています。
a0162809_13425047.jpg


回復期リハビリ病棟(3F)
主な疾患は、脳出血疾患や整形外科、廃用症候群です。リハビリには、作業療法士・理学療法士・言語療法士が関わり、疾患を抱えたまま家に帰るためにどのような動作獲得が必要か・・介護する家族の負担を減らすためにどうすればいいのか・・看護師を含む医療スタッフ全員が日々連携し奮闘しています。
a0162809_1357364.jpg


産科病棟(4F
BFH(赤ちゃんにやさしい病院)を目指しており、妊娠中から乳頭ケアを行い、出産直後から完全母子同室で母乳育児をすすめています。助産師外来・2週間健診・母乳育児サポート外来・フリースタイル出産・夫立ち会い出産・ママパパカンガルーケアなどさまざまな取り組みを行っています。
a0162809_1444057.jpg


小児科病棟(4F
0~15才までの小児が対象で、主に呼吸器疾患(喘息・肺炎)の看護が中心となっています。入院生活が安全に過ごせるように配慮し、患児が治療や検査時に不安にならないように支援しています。食事はカット食を取り入れたり、また、季節に応じた行事なども企画、開催しています。
a0162809_1735148.jpg


整形外科・婦人科・形成外科・救急部・総合診療科(5F
様々な疾患を看護できるよう、各科ごとにカンファレンスを開催し、情報の共有化をしています。また、毎月病棟内の学習会で知識、技術の向上につとめています。急性期では手術やバイタル測定、回復期では、日常生活の援助の対応などがあり、やりがいのある病棟です。
a0162809_1620950.jpg


外科・泌尿器科病棟(6F)
急性期の看護から慢性期の看護まで学ぶことができる病棟です。さまざまな分野からの視点が必要になるので医師や看護師、リハビリスタッフ等の連携がとても大切です。回復過程が目にみえてわかるので、とても達成感があります。
a0162809_16352582.jpg


消化器内科(7F)
内科一般の疾患を持つ患者さんで、悪性腫瘍例も多く、癌告知や化学療法や終末期の患者さんとの関わりも多い病棟です。医師・看護師が平等な立場でより良いチーム医療に力を注いでいます。
a0162809_1881815.jpg


循環器内科・糖尿病代謝科病棟(8F)
循環器内科は、治療のため行動・食事・飲水が制限される患者さんが多く、ストレスに対する看護も重要です。
糖尿病代謝科では、自己管理が大切なため、患者さんひとりひとりに合った指導を心がけています。font>
a0162809_17115677.jpg


呼吸器内科病棟(9F
酸素ボンベや人工呼吸器の力を借りて呼吸している患者さん、肺癌で抗がん剤治療を受けている患者さんが、安心して治療を受け、楽に呼吸ができるように患者さんに合ったケアの提供を目指しています
a0162809_17202849.jpg


内科・緩和ケア病棟(10F)
内科病棟は、寝たきり患者さんの退院までの援助を行っています。緩和ケア病棟は、「つらい症状を和らげて日常生活を安心して過ごせるように・・」を目標として身体の痛みや心の痛みにより添える看護を提供しています。患者さんとご家族の大切な時間をゆっくり過ごしていただけるようお手伝いさせていただいてます
a0162809_17324040.jpg

[PR]
by ikiikihiroba | 2013-03-25 17:55
  

このペー

ジのトップへ